家族相談を受け付けています。対立が決定的になる前に。

新型コロナウイルス対策のため、外出自粛が続いています。皆さんいかがお過ごしですか?

先日家族相談に乗りました。夫と保育園に通うお子さんと暮らす女性からの相談。相談者は優秀すぎるが故、夫との家事育児分担に不満がたまっていました。夫に不満を告げると夫が卑屈になってしまうからと、我慢してした。そして自分で家の仕事を抱え込んで苦しくなっていました。相談者はママ友との交流に負担を感じています。今までは保育園への送迎を夫が担当して、夫がママ友と良い関係を作っていたそうです。勤務形態変更に伴い、自分が保育園の送迎をするようになって、負担感が多くなってきたそうです。

相談者は家事育児を抱え込みぎで自分を追い込んでいるようでした。夫の良いところをわかっている様子でしたが、自宅では余裕がなくなってしまって、不機嫌になってしまう様子でした。

ある研究によると、夫婦で交わされるコミュニケーションの量が大切と言います。別の研究では、夫婦で交わされるコミュニケーションのうち相手の長所に焦点をあてたコミュニケーションが全体の80%異常でないと、二人の関係は悪化に向かうといいいます。
まずは短時間でも夫と良いコミュニケーションができるように、アドバイスを行いました。

私は兼ねてから、夫婦の関係悪化が決定的になる前に、夫婦関係を見直すことが大切だと考えています。お二人の対立が軽いうちに、プリペアー・エンリッチをお勧めしたいです。夫婦の問題を可視化したうえで、気持ちの良いコミュニケーションができるように、練習することができますよ。

Coそだて株式会社

私たちはカウンセリングなどを通じて、家族の心理的サポートを行っています。 〒420-8026 静岡市駿河区稲川1丁目4−19エスプラネードINAGAWA103号 tel: 090-3432-1888 e-mali: cosodate0820@gmail.com

0コメント

  • 1000 / 1000